アパート経営の教科書

マンション投資かアパート経営かを悩んでいます。どちらがおすすめなのでしょうか?

不動産投資をやりたいと考えていますが、マンション投資にするのかアパート経営にするのかを悩んでいます。どちらがオススメでしょうか?

アパート経営の教科書

回答:それぞれに長短がありますが、個人的にはアパートをおすすめします

マンション投資とアパート経営にはそれぞれ短所と長所があります。

マンション投資の長所

  1. 節税効果が高い(投資額の大半が建物価格なので減価償却がしやすい)
  2. 投資金額がアパート経営と比較して小さい
  3. 新築の場合数十年にわたる運用が可能

アパート経営の長所

  1. 土地が多くを占めているので、最終的に「土地が残る」(資産形成できる)
  2. マンション投資と比較して投資額に対する収益性が高い
  3. 複数の戸数を運用するのでリスク分散ができる(マンションはオールorナッシング)

以上のような点です。向いているタイプに無理やり分類するとすれば、マンション投資に向いている方は、給与所得が高い方です。マンションの場合は減価償却による税法上のコストが計上しやすいので、節税という面では優れています。
対してアパート経営に向いている方は資産形成をしたい方です。投資額の半分くらいは、減価償却(価値の低下)がない土地に対する投資となるので、資産形成しやすいという特徴があります。

 

注意事項ならびに免責
上記のQ&Aに対する質問や回答は多く寄せられた質問をより一般化したものです。個別のアドバイスではありません。また、法律上、税務上のお問い合わせについては、必ず弁護士や税理士等の専門家にご相談下さい。上記に記載している内容についての正確性・完全性は一切保証いたしません。内容の実行等については自己責任でお願いします。