アパート経営の教科書

修繕履歴

修繕履歴とは、建物の修繕に関する履歴です。いつ、どこを、いくらで、どのように修繕したのかを記録したものになります。適正に修繕工事が行われてきたのかにおいてとても大切な資料です。建物の状況を把握する上でも売買材料となります。軽視するオーナーもいますが、適切な履歴は不動産の「価値」となります。

アパート経営の教科書

修繕履歴がある物件は安心できる

中古物件の場合、必ず修繕履歴を確認しましょう。
中古物件の中には修繕履歴が無いもの、または不明となっているものも見受けられます。

しかしながら、こうした履歴がない物件は後々どんなトラブルが発生するかわからないもので、リスクが高くなります。
修繕履歴もなしに、「いやー、この物件は手入れがキチンとされているんですよ。」なんて言われても信用できません。

もし、修繕履歴がない物件を購入対象として検討する場合は、「後々大規模な修繕費用が発生する可能性が高い」という点を考慮に入れた上で物件や諸条件を見るようにしましょう。