アパート経営の教科書

新築収益物件に投資するメリット・デメリット

新築アパートの場合は、すでにある土地と物件がセットになっているものを購入する方法と、自分で土地を選び特定の収益物件(アパート物件)業者に依頼して建物を建ててもらう方法の二つがあります。

アパート経営の教科書

新築アパートに対する投資のメリットとデメリット

まず、新築アパートのメリットは以下の通りです。

  1. 企画段階から参加できる
    新築アパートを作りアパート経営を始める場合、そのアパートの企画段階から参加できるというメリットがあります。もちろん、そういう面倒な業務はしたくないという方もいるかもしれませんが、想定入居者やそれらの方々のニーズを捉えたアパートを企画することででき、長期的な空室リスクを減らすことができます。

  2. 新築アパートはそれだけでも価値があるので、高い入居率が期待できる
    日本人は新しい物好きです。ですから新築のアパートというだけで価値があります。それによる高い入居率が期待でき、また多くの場合は設備や耐震性なども10年前のアパートよりは高いため、長期の運用ができます。

  3. 中古アパートと比較して修繕費の積立が小額で済む・長期の運用が可能
    新築アパート経営の場合全く修繕費がいらないというわけではありませんが、築10年、15年の中古物件と比較すればそれだけ修繕が必要な箇所も少ないため、費用が小額でも良いというメリットがあります。また、当然ですが、期間が経っている中古アパートよりも新築アパートの方が寿命も長いので長期の運用が可能です。途中売却もその分しやすいでしょう。

 

一方で、新築アパート経営には以下のようなデメリットもあります。

  1. 必要な費用が大きくなる。
    一般に新築のアパート経営の場合、中古アパートを購入するよりも初期費用が大きくなります。その分借入として必要な金額が大きくなることがリスクの一つです。

  2. 中古アパートと比較して利回りが低い
    また、初期投資が大きくなるなどの点とも絡むのですが、新築アパートと中古アパートの場合では、総投資額に対する家賃収入の額割合として小さくなるという傾向があります。そのため、投資時点での利回りを比較すると中古収益物件の方が高くなるというケースが見られます。

  3. 入居者を0から集める必要がある
    中古のアパート経営の場合、当初から入居者が入っているケースが多いですが、新築の場合は0からのスタートとなります。新築のメリットで入居者は決まりやすいとはいえ、建築の時期などによっては埋まりにくいこともあります。