アパート経営の教科書

万が一の場合は遺族への保証にもなる

意外と大きなメリットの一つです。アパート経営・不動産投資の場合、ほとんどのケースで「団体信用生命保険」への加入が必要になります。万が一の場合には遺族へローンが無くなったアパートが残りますので、アパート経営は残された遺族に対する保証にもつながります。

アパート経営の教科書

アパートローンでも団信(団体信用生命保険)は利用する

マイホームを購入する場合などにつかう「団信(団体信用生命保険)」ですが、アパートローンを利用する際も多くの金融機関で必須となっています。

詳細解説サイト
住宅ローンと団体信用生命保険
団体信用生命保険とは

詳細な解説は上記のサイトに任せるとして、団体信用生命保険に加入すれば、自分(被保険者)に万が一のことがあった場合、アパートローンにおける残債(残りの借金)がチャラになるという保険です。
つまり、残された遺族には借金の無い、資産(アパート)を残すことができるというわけです。

つまり、わざわざ高額な生命保険に入ったりしなくても家族には資産を残せるというメリットがあるといえるわけです。