アパート経営の教科書

災害リスク

災害に対するリスクも存在します。もちろん災害に対する保険制度はありますが、地震や火事、水害などにより建物の破損や破壊による金銭的な被害や、それらの被害にあった後に、その被害を修理する期間は入居者による賃料収入がなくなるなども災害リスクに数えられます。

アパート経営の教科書

アパート経営と災害に対する備え

アパート経営は「アパート」という建物+土地を運用するものです。そしてアパートという建物の特性上様々な自然災害、人的災害に関するリスクがあります。

アパートローンを利用して融資を受ける場合、火災保険に対しては強制的に加入させられる場合が多いですが、地震や風水害などはカバーされません。このような自然災害以外にもアパート経営には「入居者が水を溢れさせた場合」「交通事故による建物の破損」などがあります。

保険の中にはこうした被害についてまで補償する保険「住宅総合保険」などがありますので、こうした保険を活用しましょう。また、忘れやすいのが地震保険です。多くの保険で「但し、地震による損害は除く」などとされている場合が多いので、地震保険に対する加入も忘れないようにしましょう。