アパート経営の教科書

融資額はいくらにするのか? / アパートローン比較

まず第1に、物件購入に対してどのくらいの自己資金を用意してどの程度を融資(アパートローン)として借りるのかを決定していく必要があります。一般的には、最低でも物件価格の30%程度は頭金として用意するとされていますが、ケースによってはフルローン(全額融資)というレバレッジを目一杯きかせたローン設計が行われる場合もあります。

アパート経営の教科書

アパートローンと融資金額

アパートローンを借りる上で、投資家の方が第1に考えることはその融資金額ではないでしょうか?そもそも、アパートローンを使ってアパート経営をするといことは自己資金の数倍以上の投資をするということになります。それはどういうことかというと、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット
・レバレッジがきいているので効率的。
・成功したときの元本に対するリターンがおおきい。

デメリット・リスク
・月々の返済額が大きくなる
・収入(賃料収入)に対する返済額の割合が大きいので、空室率が高くなると、手出しをしなければならないリスク増大。

このように、アパートローンを使ったレバレッジは、リスクを高める代わりにリターンもおおきくする投資ということになります。

 

フルローン(全額融資)について

物件の評価が高かったり、個人属性などの「アパートローンの審査」でよい結果が出た場合、または様々なテクニックを使いフルローン(全額融資)を達成するアパート経営者もいます。詳しくは別途解説します。