アパート経営の教科書

アパートローンの金利比較

当然といえば当然ですが、アパートローンの金利水準を比較しましょう。住宅ローンの場合とはことなり、アパートローンは事業性のあるローンなので同じ金融機関であっても融資先や内容によって金利が異なっています。いくつかの銀行・金融機関に打診をしてどの程度の金利でアパートローンを組めるのかを確認しましょう。

アパート経営の教科書

アパートローンの金利の比較はどうやってやる?

まず、アパートローンの金利を比較する際ですが、「住宅ローンの金利比較」のように一覧形式で比較できると良いのですが、実際にはできません。
なぜなら、アパートローンは事業性のローンに当たるため、事業主(契約者)の財政状況や規模などが考慮され、それにより優遇金利が適用されたり、「信用リスク」が高いと判断された場合には金利が引き上げられたりするためです。

基本的にアパートローンの場合、ネット申込のネット審査ということはまずありません。実際の店舗(支店など)に足を運んで事業計画や資金計画について相談をしたりする必要があります。

アパートローンの審査と金利の関係

アパートローンでは、審査が住宅ローンなどと比べると厳しいです。そのため、審査ではねられることも多いかと思います。基本的に審査の厳しい銀行の場合はその分、信用リスクの低い人にしか資金を貸さないので、貸し倒れリスクや管理費用が小さくて済むため、低金利でのアパートローンを提供できます。

一方で、信用リスクが高いと判断されたり、計画に問題があると判断されたような場合には審査が比較的甘いアパートローン会社を利用する必要があります。そうした場合はその分リスクの高い人にも融資をしているため、貸し倒れリスクや管理費用のため、どうしてもアパートローンの金利自体も高くなってしまいます。