アパート経営の教科書

所得税・住民税 / アパート経営の費用・経費

アパート経営であがる収入は当然所得ですから、それに応じて(経費を差し引いて)所得税がかかります。事業的規模以下であれば個人の所得として他の所得と合算して申告します。事業的規模とされる場合には個人事業として(または法人化して)、確定申告を行い所得税を支払います。
法人としてアパート経営をしている場合には、法人所得税、法人住民税がかかります。

アパート経営の教科書

個人の場合。所得税・住民税

個人の場合、アパート経営による収入は「不動産所得」または「事業所得」となります。この違いについては事業規模とみなされた場合が事業所得、そうでないとみなされた場合には不動産所得となります。それぞれの所得によって経費の扱われ方、青色申告による専従者控除の違いなどがあります。
詳しいご相談については「税理士」にお問い合わせ下さい。