アパート経営の教科書

ノンリコースローンというローンが不動産投資で使えると聞いたのですが、何ですか?

不動産投資をする上で、投資家にとってリスクが小さい「ノンリコースローン」というローンがあることを知りました。アパート経営を行う上でぜひとも活用したいと考えているのですが、普通に利用できるものなのですか?

アパート経営の教科書

回答:よほど良い物件があれば可能かもしれません。

ノンリコースローンとは、ノン(非)リコース(遡及)のローンという意味で、非遡及型ローンと呼ばれます。対して、一般的なアパートローンはリコースローン(遡及型ローン)となります。(ノンリコースローンとは

この違いですが、リコース(遡及)とは、ある物件などを担保にして資金を借りた場合、返済ができずに担保を売却しても、債務(借金)が残った場合、借主に「遡及する」ローンという意味です。要するに、借金返せなかったとき、担保を売っても足が出たら、その分は借り手が責任を持って返してね。というものです。

対してノンリコースローンとは、借主に遡及しない。つまり、物件を担保にお金を借りたのだから、借り手の責任(返済義務)は担保の範囲内とするというものです。仮に、アパートをノンリコースローンで借りた場合、万が一返済ができなくても、その負担は、アパートを差し出せばそれで終りというものです。

この場合、アパートローンの審査は物件審査だけになります。(個人の属性はほとんど関係なくなります)
一方で、その分、資金の貸し手(銀行等)はより多くのリスクを背負うことになりますので、金利の上乗せなどが付く上、物件に対する審査もより厳しくなります。当然ですが、リコースローン(通常のローン)の場合では、アパートの収益性に確実性が無い場合でも個人の属性がよければ融資は付きやすいですが、ノンリコースローンの場合、個人に返済能力があっても、それとこれとは無関係ということになるので、物件審査が非常に重要視されます。

 

注意事項ならびに免責
上記のQ&Aに対する質問や回答は多く寄せられた質問をより一般化したものです。個別のアドバイスではありません。また、法律上、税務上のお問い合わせについては、必ず弁護士や税理士等の専門家にご相談下さい。上記に記載している内容についての正確性・完全性は一切保証いたしません。内容の実行等については自己責任でお願いします。