アパート経営の教科書

アパートローンより住宅ローンの方がお得なように感じるのですが、どうでしょうか?

アパート経営に興味があり、アパートローンを活用した不動産投資を行う予定です。ただ、ちょっと調べたところ、アパートローンのローン金利よりも同じ不動産に対するローンである住宅ローンの方が金利が安いようです。
ならば、住宅ローンでマンション経営を始めた方がお得ではないかと思うのですがいかがでしょうか?

アパート経営の教科書

回答:投資物件に住宅ローンは利用できません

住宅ローンはローンの中でもやや特殊な部類に属するローンです。そもそものローン内容が国民に対する住宅供給という国策の一つとして行われているために非常に有利なのです。

つまり、投資用物件では(自分がすまないのであれば一戸建てであっても)、住宅ローンを利用することができません。仮に一戸建てを購入し自分が住んでいたが、その後転勤で異動となったのでほかの人に貸したという場合であっても民法上の問題が生じます。(住宅ローンを一回返済し、別のローンで組みなおす必要がでてきます。民間の住宅ローンなら変更しやすいですが、フラット35などの公庫系の住宅ローンの場合は変更もできません。)
当然、住宅ローン控除も利用できません。

投資用の物件を購入するのであれば、最初から住宅ローンを視野に入れるのではなく、不動産投資用のローンを検討するべきでしょう。

 

注意事項ならびに免責
上記のQ&Aに対する質問や回答は多く寄せられた質問をより一般化したものです。個別のアドバイスではありません。また、法律上、税務上のお問い合わせについては、必ず弁護士や税理士等の専門家にご相談下さい。上記に記載している内容についての正確性・完全性は一切保証いたしません。内容の実行等については自己責任でお願いします。