アパート経営の教科書

アパートをローンで購入しようと思いますが、自分に万が一のことがあったとき心配です。

アパート経営による不動産投資を考えています。しかし、アパート経営をするには数千万円を越える多額の資金を銀行からの借入に頼る必要が出てきますので、自分に万が一のことがあった場合に家族にとって負担にならないか心配です。

アパート経営の教科書

回答:アパートローンでも団体信用生命保険(団信)が利用可能です

アパートローンにおいても、団体信用生命保険(団信)が利用できるため、自分自身(ローン契約者)に万が一があった場合でも、残された家族に負担を残すことはありません。(むしろ、アパートという資産をプラスの状態で残すことが可能です)

・団体信用生命保険(団信)とは
住宅ローンと団体信用生命保険

団体信用生命保険はマイホームをもたれている方はご存知かもしれませんが、生命保険の一種で、ローン契約時に被保険者をローン契約者、保険金受取人をローン貸主(銀行等の金融機関)とするもので、ローン契約者に万が一のことがあった場合、ローンの残高分が保険金受取人である金融機関に支払われることにより、相続人にローン債務が引き継がれないようになっている保険です。

例えば、アパート経営用に、5000万円の物件をローンで購入し、その後ローンが3000万円残っている段階で被保険者が死亡した場合、その相続人には3000万円の借入は引き継がれず、ローンで購入した物件は相続人のものとなります。

 

注意事項ならびに免責
上記のQ&Aに対する質問や回答は多く寄せられた質問をより一般化したものです。個別のアドバイスではありません。また、法律上、税務上のお問い合わせについては、必ず弁護士や税理士等の専門家にご相談下さい。上記に記載している内容についての正確性・完全性は一切保証いたしません。内容の実行等については自己責任でお願いします。