アパート経営の教科書

サブリース契約は定期借家契約が有利と聞きましたがどういう理由でしょうか

現在、サブリース業者と私が持つアパートのサブリース契約について詰めています。詳しい友人からサブリースにするなら定期借家契約にしたほうが有利だから良いという意見を聞きました。これはなぜでしょうか?

アパート経営の教科書

回答:家賃引き下げ請求によるリスクを減らせます。

サブリース契約においてその契約内容を「定期借家契約」とするメリットとしては、借主(サブリース会社)による家賃・賃料の引き下げ請求を排斥できるというメリットがあります。

最高裁判例によりますと、サブリース契約であっても「普通借家契約」におる建物賃貸借契約となり、家賃を一定額に保証するという明記がった場合でも同法32条の適用により、家賃の引き下げ請求をサブリース会社が行うことができるものとされています。(関連:サブリース契約&家賃保証もしているのに会社側から家賃額の引き下げを求められました。

しかしながら、これを「定期借家契約」とすることでこの請求自体を排斥することが可能となるのです。また、期間中の解約が不可となります。(ただし、これは貸している側にも言えることですので、定期借家契約とする以上大家(オーナー)側の都合による解約もできないことになります)

 

注意事項ならびに免責
上記のQ&Aに対する質問や回答は多く寄せられた質問をより一般化したものです。個別のアドバイスではありません。また、法律上、税務上のお問い合わせについては、必ず弁護士や税理士等の専門家にご相談下さい。上記に記載している内容についての正確性・完全性は一切保証いたしません。内容の実行等については自己責任でお願いします。