アパート経営の教科書

アパート経営を始めたいと考えていますが、自己資金はいくらくらい必要ですか?

アパート経営に興味があります。投資の為の自己資金は200万円までしか用意することはできませんが、このくらいからでもアパート経営は可能なのでしょうか?

アパート経営の教科書

回答:投資家の属性や投資対象となるアパートの設備・立地に左右されます

まず、結論から申し上げますと、自己資金は多ければ多いほど、銀行からの融資審査に通りやすくなるため、有利といえますが、アパート経営自体はフルローン(全額融資)も可能になる場合がありますので、ケースバイケースですが自己資金0円からでも投資できる場合があります。

アパート経営の場合はほとんどの場合でアパートローンなどの不動産融資を活用することになるかと思います。その際は「アパートローンの審査項目」などで挙げられたような項目が審査されます。アパートローン審査にはおおきく

  1. 投資対象の収益性
  2. 投資対象の資産価値(転売価値・担保的価値)
  3. 借り主の安定性・収入・金融資産

上記の1~3が主だった対象となります。この中でも、アパート経営に必要な自己資金というものは、主に2に関わってきます。

2:投資対象の資産価値(転売価値・担保的価値)
自己資金が多ければ、投資対象の資産価値とローン残高に差が生まれます。(例えばアパートの資産価値が3000万円で、自己資金として1000万円が用意できてれば、ローンとして必要な金額は2000万円になり、資産価値>ローン残高となるので、銀行も融資しやすい)

ただし、アパートローンの審査自体は収益性や借主の属性(安定した収入があるか?)なども審査の項目となるので、こうした点も配慮されます。つまり、質問の「アパート経営を始めたいと考えていますが、自己資金はいくらくらい必要ですか?」という点には「あればあるに越したことはないが、無いからアパート経営はできないということにはならない」と回答しておきます。

 

注意事項ならびに免責
上記のQ&Aに対する質問や回答は多く寄せられた質問をより一般化したものです。個別のアドバイスではありません。また、法律上、税務上のお問い合わせについては、必ず弁護士や税理士等の専門家にご相談下さい。上記に記載している内容についての正確性・完全性は一切保証いたしません。内容の実行等については自己責任でお願いします。