アパート経営の教科書

立地とアパート経営

アパート経営において立地は極めて重要な要素の一つです。入居者の視点にたって、ニーズがあるのかを考えます。ただ、そこに済むのはあなたではないので、アパートに住む入居者がどう感じるかが重要です。収益物件にとってのより立地は交通の便、スーパー等の買い物の場、生活に必要なものが生活圏にある場所などです。また、大規模な学校の近くなど、中長期にわたってアパートを利用する人が多いと考えられる場所も良い立地といえそうです。

アパート経営の教科書

立地とアパート経営について

立地はアパートの価値を決める重要な要素の一つです。立地というのは、たんなる駅から近いなどの公共交通機関からの立地だけではなく、「住居としてのニーズ(需要)」がどれだけあるのか?を見ることが大切です。

住居としてのニーズが高ければ、需給の関係上、多少高い家賃も設定できます。また、築年数が古くなってもそれなりに高い価値があると言うことになります。

アパート(上物)については後々のリフォームや設備の導入などで、後からでも魅力をアップさせることはできますが、土地については動かすことはできません。(もちろん、大きな施設や公共交通機関ができるなど後から土地の価値がアップすることはあるでしょうが。詳しくは「将来性」の項目をご覧下さい)

アパート経営で立地を選ぶポイント

  1. 周囲の属性に併せた建物を建てる・選ぶ
    例えば、学生街に2LDKのファミリー向け需要は少ないでしょう。逆にファミリーが多く済んでいる場所にワンルームアパートの需要は少ないはずです。それぞれの土地において需要に併せた建物を選ぶようにしましょう。
    ただし、ある程度の規模がある場合、ニッチな市場を狙ってみるのも一つの戦略です。少数だが確実に需要があり、他に競争相手がいないのであれば高い確率で入居率は高くなるでしょう。周囲の状況を正確に分析し、消費者にニーズに応えること。これは事業もアパート経営も同じことです。

  2. 人口は増えているか?減っているか?
    今後日本は少子高齢化が進むとされ、日本の人口すら減少するといわれています。このように人口が減少する地域では当然にアパートに対する需要もすくなく、増加している地域は高いといえます。地域別に人口増加があるかないかは大きな判断材料の一つといえるでしょう。