アパート経営の教科書

団体信用生命保険料 / アパート経営の費用・経費

万が一、返済期間中に契約者が死亡した場合などに、残っているアパートローンの債務残高を金融機関に支払う保険です。アパートローンを契約する際には必須となる場合が多いです。万が一のことがあっても、遺族には借入金の返済が必要なくなるので遺族補償としての意味合いも持っています。

アパート経営の教科書

団体信用生命保険(団信)への加入について

アパート経営を行う場合、基本的にローンで購入する場合には金融機関が加入必須としているケースもありますが、任意での加入となっている場合もあります。

アパート経営のメリットでの「遺族への保証になる」と書いたのは、この団信に加入しておく事で、万が一のことがあっても、アパートローン(負債)は残さずにアパート+土地(資産)はしっかりと残すことができるスキームなのです。

基本的には「保険金がアパートローンの残債(残りの返済額)といなる生命保険」という仕組みです。そのため、保険料も残債の額に応じて変動することになります。