アパート経営の教科書

管理業者への報酬 / アパート経営の費用・経費

アパート経営における入居者管理や清掃業務などを業者に任せている場合には、管理業者へ報酬を支払う必要があります。通常は清掃などの管理のみで家賃の5%程度が相場です。ただし、実費負担となっている場合もある他、他の業務も委託している場合はもう少し高くなる場合もあります。

アパート経営の教科書

管理費の必要性と目安

管理費というのは、アパート管理業者にアパート管理をやってもらうための費用です。基本的にはアパートなどの清掃のほか、賃貸募集に関するプロモーションのほか、家賃の収納代行業務もおこなってくれる場合があります。もちろん、やってもらう内容を大きくすればするほどその費用も多くかかることになります。逆を言えば、ほとんどの内容を自分でやるのならば、管理費という費用は不必要ということになります。

例えば、家賃の収納代行についてですが、ネットバンクなどを活用すれば入居者からの家賃管理は簡単です(関連:ネットバンクの選び方)。また、清掃などについても自宅近くであれば休みの日にでもちょっとやってしまえば十分かもしれません。

もちろん、本業との兼ね合いもありますし、あくまでもアパート経営が副業であればこうしたことは難しいかもしれません。そういった場合は素直に数パーセントの管理費を支払った方がお得でしょう。

ただし、その際は管理業者の選定はしっかりとおこなうべきです。(関連:アパート管理業者の選び方