アパート経営の教科書

アパートローンの支払い / アパート経営の費用・経費

多くの場合、アパートを購入する際にはアパートローン(融資)を受けているかと思います。そのため、毎月ローンの返済費用が必要になります。ローンの支払いについては、借入条件などによって変わってきますが、毎月基本的には定額を支払っていく必要があります。

アパート経営の教科書

アパートローンの支払いについて

アパートローンについては、20年とか、30年とか長期にかけて支払っていくものです。
一般的には、固定金利の場合は定額の支払いを、変動金利の場合はその時々の金利情勢によって返済額が前後します。

ちなみに、アパートローンへの支払いを減らす方法としては以下の方法があります。

①金利の安いアパートローンへの借換

もし、高金利の時に借りているアパートローンがあって、アパート経営が良好であれば、現在のアパートローンから別のアパートローンに「借換」をするという方法があります。アパートローンは高額なローンですので、金利が1%変わるだけでも返済額、利息負担に大きな違いが出てきます。

②現金に余裕があれば繰上返済をする

もうひとつの方法としては「繰上返済」をして、アパートローンを早期に返済または完済するという方法です。これについては「アパートローンと繰上返済の可否」のページでも解説しているのでそちらをご参照下さい。

 

アパートローンの返済が厳しいとき

賃貸状況の変動、空室拡大、事故などによって収入が減少し、アパートローンの返済が厳しくなるようなこともあるでしょう。ローンの返済が滞ってしまうと、銀行(金融機関側)としては、担保物件の競売などによって、担保入れしている物件を売りに出してしまう場合もあります。
そうなる前に、できることもあります。

①返済期間(融資期間)の延長

アパートローンの返済額を多少減らせばなんとかなるという場合、返済期間(融資期間)の延長を銀行と相談しましょう。返済期間を延長する事で、返済期間が延びそれによって、月々の返済額を抑えることができます。
ただし、返済期間の延長によって金利が上がったり、返済期間が延びる事で総返済額は増大するため、短期的な理由による資金ショートに対する対応策となります。

②返済額軽減・返済猶予・利息減免・債権放棄(リスケ)の実施

現在の状況ではどうにもならない場合、100%成功するわけではありませんが、銀行・金融機関に対してリスケ(リスケジュール)の申し出をするのも一つです。
状況によっては、リスケジュールが成功する可能性もあります。